この前、情報番組「ヒルナンデス!」で
スターバックス特集を取り上げてましたね。

スタバの店員さんに関する情報で
これ知ってると役に立つなぁというものでした。

ではさっそく・・・
アナタの通っているスタバにブラックエプロンの
店員さんっていますか??

スポンサードリンク

全国のスタバには、約1,800人のブラックエプロン店員さんが
在籍してるそうなんですが、これって全従業員の1割以下しか
いないという貴重な存在なんだとか?

ブラックエプロンの資格をもつためには会社内で試験に
合格しないといけなくて、コーヒーに関する幅広い知識がないと
着用が認められないエプロンなんだそうです。

店舗によっては、ブラックエプロンの人だけが
淹れることを許されたコーヒーもあるらしいですよ。
これは、一度お願いしてみたいものですね☆

ん~、こんなコーヒーもつくってみたい♪
1786317b24e36900fbaee80ed11e434d_s

さらにブラックエプロンさんは、コーヒーに関する
セミナー開催も頼めばしてくれるそうで、
そのセミナーでプロの技を教わって自分の家で
アレンジして楽しんでる方もいるそうです♪

そんなブラックエプロンの店員さんが番組内で特別に、
コーヒーを美味しく淹れるレシピを伝授してくれました。
このポイントは教わっておいた方がイイかも~?

まずドリッパーにペーパーフィルターをセット。
挽いたコーヒー豆を入れた後、軽く叩いて平らにならします。
ここからのポイントは全部で4つ!!

スポンサードリンク

①お湯を4回に分けて少しずつ注ぎましょう!

※特に1回目は豆全体がしめる程度の注ぎでOK。
大事なことは注いだ後に、約30秒間蒸らすこと。
豆にお湯を含ませることで、コーヒーが抽出されやすい状態を
作ってあげるのがポイントだそうです(*^^)v

②ペーパーフィルターには、お湯をかけないように注意!

※フィルター部分にお湯をかけてしまうと、豆と触れ合わずに
お湯が落ちてコーヒーが薄まってしまうんだそうです。
あくまでも豆にお湯がいきわたるのをイメージしながらです。

理想は、コインの大きさ程度に「の」の字を描くように
そっとお湯を回し入れるのがポイント。

そしてフィルターの約8割までお湯を注いだら
表面が少し下がるのを待ちましょう。

③3回目以降の水位

※2回目に注いだラインより上にはお湯を注がないように
気をつけましょう。これは、せっかくキレイに淹れたコーヒーの
層を崩さないようにするためだそうです。

④コーヒーは最後まで落とさない

最後の一滴まで残さず頂くのがイイのかと思いきや
最後まで抽出すると、逆に苦味・えぐみが出てしまうんだそうです。

ただ気軽にお湯をバーっと注ぐだけじゃ美味しいコーヒーを
楽しむことはできないもんですねぇ。気をつけなくっちゃ!

でも、この技をマスターすれば自分にも美味しいコーヒーが
できそうな気がしてきたぞ~(*^^)v

スポンサードリンク