伊藤かずえさんのお父さんって日産の販売店に
お勤めだったんですってね。

日産といえばファミリーカーは当時は
コレって方も多いのでは?

ブルーバード1600SSS

だから乗っている車の遍歴も自然と日産車になるのも
納得です(*^^)vが、25年も愛車シーマに乗り続けて
その走行距離は25万キロ越え!!!

おぎやはぎの愛車遍歴では走行距離40万キロ越えを
目指してるという抱負というか目標を語ってましたから
伊藤かずえさんのシーマに対する愛着感が半端ないですね。

スポンサードリンク

我が家もそういえば、日産車が好きで会社の車はアベニール
とキャラバンを愛用していますし、シーマも乗ってました。

ただ親が背の小さい人で傍から見ると運転してると本人が
見えずに無人で車が動いてる(;O;)なんて噂が広まったことも
ありましたね~。今では笑い話ですが笑。

【伊藤かずえさんは銀幕の女王だと私は思う】

伊藤かずえさんはどストライクでドラマで見てましたね。
なんと言っても17歳で出演したドラマ「不良少女とよばれて」。
伊藤まいこさんが主演でしたが

主役を喰ってしまうほどの存在感でドラマも
大ブレイクしましたもんね。

その活躍もあって続くドラマ「ポニーテールはふり向かない」では
初のヒロインデビューでドラマ内では迫真のドラムさばきも
魅せてくれました。

あの頃、まさに大映ドラマの一時代を築いた女優であることは
当時を知る人は疑いようのない事実でしょう!

【そんな伊藤かずえさんのシーマ愛はどれだけスゴイのか?】

そもそもどんなに優秀な日本製の車だとしても
走行距離が10万キロを超えたら彼方此方にガタがきます。

そうするとカスタマイズするしかないわけです。
エンジン載せかえたり、足周りもかえたりして・・・・

当然、20数年前の部品なんか下手したらこの世に
存在しないかもしれないわけですよ、コレが。
もしかしたら部品もオーダーメイドで注文してるかも?

スポンサードリンク

そうなってくると早い話が車を買い替えた方が
お金がかからないなんて事にもなるわけで。

そこを踏まえた上で、走行距離が24万キロ超ですからね。
10万キロでもスゴイですけど、その倍以上走ってるわけですから
もはやシーマへのメンテナンスではなく間違いなく「愛」ですね。

でも、ある意味これだけ同じ車に乗り続けられるって
逆にものすごく贅沢なことでもあるのかなと思ってしまいます。
一途な愛って人は憧れるじゃないですか?アレですね(*^^)v

【伊藤かずえさんが乗り続けるシーマとは?】

ちなみに伊藤さんが25年も乗り続ける日産シーマは
初代 FPY31型で1988年から1991年に生産された車。

seama
出典www.car-channel.co.jp

特別製で現在日本に残る数はわずか5台。

先ほども言いましたが死ぬまで一生乗り続けようと思ったら
パーツ・部品がどうしようもなくなるはず。

そこは伊藤さんも承知の上で、パーツ取り用に
もう1台古いシーマを買って、フルレストアするしかないと
覚悟しているのだとか。

なんとも徹底したシーマ愛であることを再確認しました(*^^)v

【そんな伊藤かずえさんの家族愛は?】

シーマ愛に驚嘆した伊藤かずえさんですが、
プライベートでは夫であるミュージシャンの
NATCHINさん協議離婚が成立。

一人娘の親権は伊藤さんが持つことに
なったそうですね。

やはり、対人間への愛となるとシーマ愛のようには
上手くいかないということでしょうか。

【まとめ】

おぎやはぎの愛車遍歴で紹介された
伊藤かずえさんの日産シーマ愛。

日産で働く人にとってはこれ以上ない
喜びでしょうね。ぜひ部品供給を手助けしてください。

番組放送後には、伊藤さんの行動は究極のエコだと
賞賛する声が続々と挙がったそうです。
たしかにコレには納得です(*^^)v

スポンサードリンク