先日、義理の父が「銀行のキャッシュカードをなくした!」
と慌てていました。

そんな大事なものをなくすわけないと思うかもしれませんが
キャッシュカードをなくさなくても、財布ごと落とすことが
あるかもしれません。

実際、私の友人の息子さんはよく財布を落とすらしく
何度もキャッシュカードやら健康保険証を再発行してる
と嘆いていました。

アクシデントはいつアナタの身にもおこるかわかりません!!

そこで銀行のキャッシュカードを万が一なくしても
慌てないようにどんな手続きをすればいいのかあらかじめ
知っておきましょう。

ad3db87679bade3d85043fb32075d7cd_s

スポンサードリンク

キャッシュカードを紛失したら

まずは、自分の預金口座のある取引銀行に連絡しましょう。
失くした場所の近くに同じ銀行があるのであれば
窓口に行ってキャッシュカードの紛失・再発行届をしましょう。

※ただし、アナタの口座がある取引店以外の銀行店舗で
手続きを取る場合は、取引店への「取次ぎ」対応となるため
通常よりも日数がかかる場合があります。

銀行の営業時間外にキャッシュカードを
なくしたことに気が付いた場合

各銀行ごとに紛失・盗難対応に設置された
専用の電話番号がありますのでそちらに連絡しましょう。

※いざ紛失した時に慌てないためにも
・自分の口座取引のある銀行の電話番号

(通帳に書いてあります。)
・紛失・盗難時の専用ダイヤル

この2つの連絡先は携帯などにあらかじめ
登録しておいた方が安心ですね。

スポンサードリンク

本人が顔写真入りの本人確認書類等を
その日に持参できる場合

◆必要なもの
・届け出印
・通帳
・再発行手数料1080円(税込)
・本人確認資料(顔写真入りのもの)

運転免許証
パスポート
顔写真入りの公的証明書等が本人確認資料です。

上記のものが揃っていれば、再発行手続きを
即時行うことができます。

キャッシュカードもそのお店にカード発券機が
あれば、その場で発行可能です。
カード発券機がない店舗の場合、簡易書留で
郵送となるので約1週間程度かかります。

※各銀行によって設備やサービス内容がことなりますので
事前に問い合わせることをおススメします。

本人が顔写真入りの本人確認書類等を
その日に提示できない場合

キャッシュカードを紛失した事実確認のために
照会状・回答書・喪失届など(各銀行で呼び名は変わります)
が届け出た住所に郵送されます。

この書類が手元に届いたら取引店に再発行手続きするという
流れになります。取引店に行けない方は最寄りの店舗に行って
再発行手続きを取ります。

◆必要なもの
・銀行より郵送された書類(照会状・回答書・喪失届など)
・お届印
・通帳
・再発行手数料1080円(税込)
・本人確認書類

運転免許証
健康保険証
パスポート
写真入り勤務先証明書などが本人確認資料です。

キャッシュカードを失くした・落としたと
気が付いたら、なによりもまず銀行に連絡して
取引を停止してもらうことがベストです。

あとの手続きは銀行によって提出書類等が異なるかもしれませんが
概ね上記の通りですので参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク