2014年も残りわずか。
あっという間に新年がやってきますね(*^^)v

紅白歌合戦の後、ゆく年くる年をみたら
もう年が明けちゃう。そしたら初詣行こうと思います。

今回はとくに幸運を祈願したいので
正しい初詣のお参りの仕方をチェックしてみました。

スポンサードリンク

というのも毎年、当たり前のように地元の神社に
初詣に参拝してるんですが・・

じつは間違った方法でお参りを
やってしまってることってあるのかな??
って、ちょっと気になったので。

【鳥居をくぐる前に】

まず神社に着いたら、目につくのが鳥居。
この鳥居をくぐってから参拝するわけですが・・。

もうここから作法が。

「鳥居の前に来たら、コートなどの上着を脱いで一礼、
そして鳥居の柱側の足から進むのが作法」

鳥居は「ここからが神域」という目印。
なのでここからコートなどの上着を脱いで一礼してから
入るのが礼儀なんだそうです。

全然知らなかった(汗。
気をつけます。

そして、「鳥居と参道の真ん中を歩かないこと。」
これは真ん中は神様の通り道だから。

そうだったのかぁ。
コレも気をつけよう(ウンウン。

【玉砂利にも意味がある?】

そして参道に敷き詰められてる「玉砂利」。
ザッザッって音がするし、玉砂利に足を取られたりして
歩きにくいなぁって思ってたけど・・・

スポンサードリンク

コレにもちゃんと意味が。

玉砂利には「汚れを払う」という意味があって
敷き詰められる前にちゃんとお祓いをしてるんだって。

だから一歩一歩、歩くたびに汚れが落ちていって、
神前に立つ前に身を清める準備ができるんだそうです。

全然知らなかった・・これからは身を清める気持ちで
一歩ずつ踏みしめて歩くようにしますm(_ _)m

手水をして身を清めたら、いざ神様の前へ。


【柏手の正しい作法】

神様の前にたったら柏手をするわけですが。
一般的なのは、二拝二拍手一拝かな?

で、この手を打つ時が肝心!!
じつは手の合わせ方にも決まりがあるんです。

へ?

・・

・・・

そうなの??
ただパンッ!!ってイイ音をさせることに
意識がいってた(汗

正しい柏手の方法は、右手を少し下にずらすんだって。

なぜかというと
・右手は「体」
・左手は「心」という意味がそれぞれあって、

右手を少し下にずらすことで
わたしは「一歩下がって神様を敬っています」
という意思表示になるんだそうです。

あ、でもコレ良い音を鳴らそうと思って
無意識に右手を少し下にずらしてた。
よかったぁ(*^^)v

でも、これでそれぞれのお参りの仕方に
ちゃんと意味があることがわかったので
周りの人にも初詣の正しい作法を教えてあげよっと!!

スポンサードリンク