人気ドラマ「フレンズ」でレイチェル役で
ブレイクしたジェニファー・アニストンが
失読症を告白して話題になってましたね。

失読症は、あのトムクルーズやオーランドブルームも
その症状を告白したことが過去にあります。

では失読症とはいったいどんなものなのでしょうか?

スポンサードリンク

【失読症の症状】

英語名ではディスレクシア。
類似した単語を区別して記憶したり
理解するのが苦手。

読み書きを処理する能力に時間を要し
通常の2倍以上かかったりすることも。

なので、台詞を覚えなくてはいけない
俳優さんとなればかなりのストレスを
伴う病気ということになるでしょう。

【ほかにはどんな有名人が?】

あのスティーブン・スピルバーグ監督も
失読症だったといわれており、
著名な人といえば・・・

スポンサードリンク

発明王トマス・エジソン
地動説を証明したレオナルド・ダヴィンチ
天才アルベルト・アインシュタインも
失読症だったといわれています。

【原因は?】

失読症の人は、通常の人々が言語能力を処理する
脳の領域とは違う場所を使っているために
スムーズな文字の読み書きが行えないと考えられています。

このため、たとえば数字の「2」と「two」を
同じものとして理解が出来なかったり

読むことはできるけど、書くことができない
といったのも失読症にあたるとされています。
たとえば、薔薇をバラと読めても薔薇は書けない。

でもこれは日本人の私にも身に覚えがあるなぁ。

【現在の対策】

文字そのものを音声化させることで
理解できるように工夫されてるそうです。

たとえば、パソコンで入力した文字が
そのまま音声になるのだとか?

さらに指定した箇所の文字を反転させて
読み上げることも可能なソフトもあるそうですね。

いずれにしても、失読症に苦しむ方を
サポートできる環境が早く整うことを
願っています。

スポンサードリンク